平成24年度地域イノベーション戦略支援プログラム(文部科学省)採択について

 都市エリア産学官連携促進事業で研究を進めてきた本県特産の農産物由来成分を利用し、医農連携による健康産業の創出を目指す取組が文部科学省の支援施策として採択されました。

 

<テーマ名>

「地域資源を活かした健康産業イノベーション〜県民健康力の向上と保健機能製品の世界展開〜」

 

<採択された提案の概要>

提案概要

 新たな産業の振興と既存産業の高付加価値化を図るために策定した「和歌山県産業技術基本計画」に基づき、和歌山県の代表的な農産物である各種柑橘類や梅、柿などについて、成分研究や保健機能解明、加工技術の開発などを産学官金が一体となり実施します。産学連携のポテンシャルと地域の農産物を生かした医農連携をキーワードに健康産業イノベーション及び新産業の創出を図ります。

採択カテゴリー: 研究機能・産業集積高度化地域

参画機関: (公財)わかやま産業振興財団、和歌山大学、和歌山県立医科大学、近畿大学生物理工学部、

       紀陽銀行、和歌山県(順不同)

事業期間: 平成24年度~28年度(5年間)

事業概要: 地域イノベーション戦略支援プログラム(文部科学省)

 文部科学省の支援(人件費等の補助)を受けて、地域イノベーション戦略を推進していくために必要となる人材面の強化を図ります。

 ①地域イノベーション戦略の中核を担う研究者の集積 【和歌山県立医科大学、近畿大学生物理工学部】

 ②地域イノベーション戦略実現のための人材育成プログラムの開発、実施 【和歌山県立医科大学、和歌山大学】

 ③大学等の知のネットワーク構築 【(公財)わかやま産業振興財団】

 

<地域イノベーション戦略支援プログラムとは>

 平成23年度から産学官連携施策を通じて地域が主体的にイノベーションを創出するための「地域イノベーション戦略支援プログラム」実施し、地域イノベーションの創出に向け主体的に取り組む構想を持つ地域(地域イノベーション戦略推進地域)を選定し、選定地域に対して、地域の大学等研究機関の連携による地域貢献機能の強化を図るため、ソフト・ヒューマンに対する重点的な支援を実施するものです。

※平成24年度選定地域採択状況  採択地域数・・・10地域 


Copyright(c) 公益財団法人 わかやま産業振興財団 All Rights Reserved