香港セミナー~香港を活用したビジネスを探る~

                       香港セミナー
             ~香港を活用したビジネスを探る~
 

 香港は日本の主要な輸出相手国・地域の一つであり、日本からの輸出額は第6位(2012年)、特に農林水産物に至っては、最大の輸出先です。また、香港には、中国本土や東南アジア諸国に太いネットワークを持つ企業も多く、輸出ビジネスのゲートウェイとしても重要性が高まっています。
 
本年7月5日、和歌山県は香港貿易発展局との間で、香港との経済活性化を目的としたMOU(覚書)を締結しました。今回、香港貿易発展局から講師を招き、その効果を最大限に活用する為、香港ビジネスに対する理解と今後の展望について学ぶ「香港セミナー」を開催します。 

                         記 

1.日  時    平成25年8月27日(火)13:30~16:00
           
(受付開始13:00~)
2.会  場    ダイワロイネットホテル和歌山 4階 ブリエ
 
          和歌山市七番丁26−1 (TEL:073-435-0055)
3.主  催    和歌山県
4.プログラム      ○開会挨拶 
 
             ○MOU締結に至る経緯の説明 津井文化国際課長
          ○講演 ①香港貿易発展局 大阪事務所次長 田中洋三氏
                「ダイナミックに進化する香港の概況」
 
              ②香港貿易発展局 大阪事務所長 伊東正裕氏
                「香港を活用した販路開拓の可能性~香港から中国及び東南アジアへ~」
          ○香港フードエキスポ参加者からの報告
5.参加費     無料
6.申込方法    参加申込書に必要事項を記入の上、平成25年8月26日(月)までにFAX又は電子メール
           (e0221002@pref.wakayama.lg.jp)にてお申し込みください。
7.申込先・    和歌山県庁文化国際課
  お問合せ    担当 前坂、木村
          〒640-8585 和歌山市小松原通1-1
          TEL 073-441-2054  FAX  073-433-1192         

                    ~講師プロフィール~

【香港貿易発展局 大阪事務所 所長 伊東正裕氏】
 
味の素株式会社において、家庭用・業務用食品の国内営業、海外マーケティングを担当。1990-1996年、味の素(香港)に出向、2000-2006年、味の素(中国)出向(広州・上海駐在)を含め、約14年間に亘る中国関連の業務経験を有する。2006年7月より香港貿易発展局に転じ、マーケティング・マネージャーとして食品・コンテンツ・デザイン各産業の貿易振興を担当する傍ら、中小企業の香港・中国進出に際してのコンサルティング業務に従事。2007年5月東京事務所次長、2012年1月より現職。1988-1989年、台湾師範大学に留学し北京語習得、広東語・英語にも堪能。英国レスター大学経営学修士(MBA)。

【香港貿易発展局 大阪事務所 次長 田中洋三氏】
 
大阪市生まれ。大阪外国語大学中国語学科卒業後、グンゼ株式会社入社。大連でブラジャーの中国国内販売を実践。その後、山東省済南駐在を経てパートナーの中国国有企業とともに2000年に北京事務所を立ち上げ、初代事務所代表。インナー全般(紳士・婦人・子供)の中国国内販売事務に従事。帰国後、2003年より香港貿易発展局に転じ、現在に至る。


Copyright(c) 公益財団法人 わかやま産業振興財団 All Rights Reserved