HOME > 研究開発 > 地域イノベーション戦略支援プログラム(都市エリア型)

地域イノベーション戦略支援プログラム
(都市エリア型)

本事業は平成24年3月31日で終了致しました。

地域イノベーション戦略支援プログラム(都市エリア型)  和歌山県紀北紀中エリア

「和歌山の特産果実と独自技術を活用した新機能性食品・素材の開発」

事業概要

和歌山県の代表的な特産果実である梅と柿について、近畿大学、和歌山大学、和歌山県立医科大学、和歌山工業高等専門学校に代表される地域の学と、和歌山県工業技術センター、和歌山県農林水産総合技術センター果樹試験場うめ研究所の官が、地域の企業と共同で、高付加価値化に貢献する機能性の活用と、その機能性を活かした食品素材および加工品の開発を行います。

そして、その研究開発をとおして、地域への産学官連携の有効性を示すとともに、研究交流会等の研究交流事業を行うことで、地域の農業および食品産業が、大学等の高等教育機関や試験研究機関と連携を図り、自発的な産学官による研究開発が継続的・自発的に企画・実施されるような仕組みづくりを行うことを目指します。

果実の機能性を活用する加工技術・安全性評価技術の開発

■テーマ1-1
「次世代型青果物剥皮技術の開発」
■テーマ1-2
「一次加工果実のための新規安全性獲得・管理技術の開発」
■テーマ1-3
「クエン酸発酵による新しい果実飲料の開発」

参画機関

  • 紀州食品(株)、木本産業(株)、紀南農業協同組合、紀の里農業協同組合、和歌山県農業協同組合連合会、
    紀北川上農業協同組合、田村造酢(株)、デリカフーズ(株)、住友ベークライト(株)
  • 京都大学、近畿大学、和歌山大学
  • 県工業技術センター、(独)農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所

果実の機能性解明・調製とそれを支える育種・栽培技術開発

■テーマ2-1
「健康増進作用を有する機能性成分の解析とその原体調製法の開発」
■テーマ2-2
「健康増進作用を有する機能性成分の動物およびヒトでの評価」
■テーマ2-3
「香気成分・色素成分の活用技術開発」
■テーマ2-4
「機能性の高い梅果実供給に向けた栽培管理技術の開発」

参画機関

  • 花王(株)、紀南農業協同組合、サッポロ飲料(株)、サントリービジネスエキスパート(株)、
    中野BC(株)、プラム食品(株)、(社)和歌山県農産物加工研究所、和歌山ノーキョー食品工業(株)
  • 近畿大学、和歌山県立医科大学、和歌山工業高等専門学校
  • 県うめ研究所、県工業技術センター
地域イノベーションクラスタープログラム(都市エリア型)|公益財団法人わかやま産業振興財団

ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 わかやま産業振興財団 All Rights Reserved