HOME > 研究開発 > 地域イノベーション戦略支援プログラム

地域イノベーション戦略支援プログラム

和歌山県の地域イノベーションの基本戦略

 和歌山県では、県産業技術基本計画に基づく食品産業活性化対策として、特産果実類の保健機能成分の解明と効能検証、加工食品開発を進めています。当地域におけるイノベーション戦略は、この取組を基盤産業の改革、健康産業の創出へと発展させます。同時に、健康意識の向上と保健機能食品の適切な活用、消費事業育成を図るため、食・運動・健康に関わる人材の育成プログラムを開発し、その実行により県民の健康維持に貢献します。

 本事業は、文部科学省の地域イノベーション戦略支援プログラム事業の一つであり、戦略達成のためのキーテクノジー研究開発のため、「医」及び「農」分野の中核的研究者の集積を図り、その基礎となる農産物由来成分の有用性、特に保健機能性に関するエビデンスの提供を行います。また、多様な事業化が連続的に起こる体制を構築するため、地域の金融機関と公設研究機関及び地域企業等からなるコンソーシアムを設置し、市場ニーズ収集・分析と基礎研究への反映を効率化します。

地域資源を活かした健康産業と元気社会の創出

地域資源を活かした健康産業と元気社会の創出図

お知らせ

事業説明

事業推進体制(構成)

招聘研究者(概要説明) [PDF]

人材育成プログラム開発(概要説明) [PDF]

活動予定

活動報告(成果)

成果関連

梅ポリフェノールと実用化事例紹介 [PDF]
論文・特許・広報関連 [PDF]
過熱水蒸気加工 [PDF]
果樹・野菜等の機能性成分データベース~和歌山県特産果樹・農産物を中心に~
(和歌山地域イノベーション戦略支援プログラム版)
はじめに(当該データベースを活用する際に必ずお読みください)[PDF]
データベース
A 「果樹・野菜についての利用可能な栄養機能表示成分についてのまとめ」
(公的データベースのデータをもとにまとめたもの)
  1. 和歌山県特産果樹及びその加工品(100gあたり)に含まれる栄養機能成分含量 [PDF]
  2. 果樹・野菜及びその他農産物(100gあたり)に含まれる栄養機能成分含量 [PDF]
    (参考資料1) 栄養機能表示について [PDF]
    (参考資料2) 栄養機能表示可能な成分、表示に必要な上下限値、栄養機能表示、注意喚起表示(別表第十一の内容)の一覧 [PDF]
B 「果樹・野菜及びその構成成分の機能性物質とその保健機能性データのまとめ」
(公表された文献をもとに調査し、食品の機能性表示を念頭にまとめたもの)
  1. 梅(梅果肉又はその抽出物等(梅PPの論文も一部含む)、クエン酸、p-クマル酸) [PDF]
  2. 梅(梅ポリフェノール) 概要版 [PDF]/詳細版 [PDF]
  3. 八升豆[PDF]
C 「県特産果樹の機能性成分(栄養機能成分も含む)の分析データのまとめ」
  1. 梅(ポリフェノール、抗酸化能、クエン酸、ミネラル、リオレニシノールなど) [PDF]


AdobeReader

記事は、PDF形式のファイルになっております。ご覧いただくためには、最新のAdobeReaderが必要になります。Adobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロードできます。


お問い合わせ

公益財団法人わかやま産業振興財団

テクノ振興部 テクノ振興班
〒640-8033 和歌山市本町二丁目1番地 フォルテ・ワジマ6階
電話:073-432-5122 FAX:073-432-3314
URL:http://www.yarukiouendan.jp


ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 わかやま産業振興財団 All Rights Reserved