HOME > 支援制度 > 新技術育成のための情報活用支援事業

新技術育成のための情報活用支援事業

新技術育成のための情報活用支援事業とは・・・

 研究開発の基礎となる先行技術や特許情報等を商用データベースを活用することで効率よく収集し、県内企業の開発課題ブラッシュアップや効果的な知財取得を支援します。
 当財団コーディネーターが窓口となり、技術相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

1.相談窓口

    ○ 新事業支援コーディネーター  小川 孝寿
    ○ 技術連携コーディネーター    小羽田 雅夫
    ○ 科学技術コーディネーター   

2.活用事例

    ・ 提案公募事業への提案課題をブラッシュアップしたい
    ・ 研究開発による成果の特許化を進めたいので先行技術を調べたい
    ・ 保有技術を生かして新分野への展開を図りたいが先行技術の有無、 市場性がわからない
    ・ 新商品を海外でも販売したいが、商標登録が可能かどうか分からない

     上記のような事例に対し、商用データベースからの情報を元に解決策をご提案致します。

 

3.使用する商用データベース

    ○ 特許(国内・海外)、実用新案、意匠
    ○ 企業情報、新聞・雑誌記事、技術・市場情報
    ○ 化学・科学技術文献、化学物質、化学構造
    ○ 商標(国内・海外)

4.お問い合わせ先

    〒640-8033
    和歌山市本町二丁目1番地 フォルテワジマ6階
    公益財団法人わかやま産業振興財団 テクノ振興部 中西・木下
    TEL:073-432-5122 FAX:073-432-3314

経営革新(創業)|公益財団法人わかやま産業振興財団

ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 わかやま産業振興財団 All Rights Reserved