わかやま情報サービス産業クラスター(EIS-Cluster)とは?

HOME > 概要

ごあいさつ

財団法人わかやま産業振興財団は、「近畿地域産業クラスター連携プロジェクトを推進するネオクラスター推進共同体」の拠点として、和歌山大学システム工学部と社団法人和歌山情報サービス産業協会をはじめとする県内企業の皆様との産学連携を基盤にして、情報サービス産業クラスターの創生事業を開始いたします。

EIS-Clusterとは?

現在、産業機械や家電製品の高機能化を支えている「組込システム」の開発には、モノ作り系技術だけでなく、情報系技術の知識、人材や情報系企業との連携が必要です。また、最近急速に拡大しつつある情報家電ネットワーク市場等に見られるような新しい「情報サービス」の開発には、情報系技術だけでなく、モノ作り系技術の知識、人材やモノ作り系企業との連携が必要です。
「わかやま情報サービス産業クラスター(通称:EIS-Cluster)」は、和歌山大学システム工学部情報関連学科(デザイン情報学科、情報通信システム学科、光メカトロニクス学科)を支援機関、社団法人和歌山情報サービス産業協会を支援団体とし、和歌山大学システム工学部の研究者の方々を囲んで県内企業の皆様が手をつなぎ、「組込システムと情報サービス」をキーワードに、モノ作り系技術と情報系技術の連携による次世代型の新技術、新製品、新サービスの開発に向けてチャレンジする研究交流グループの形成を目指すものです。

Copyright(c) 財団法人 わかやま産業振興財団 All Rights Reserved