わかやま産品商談会 In トルコ共和国ツアーのご案内について(※募集は終了しました。)

              わかやま産品商談会 In トルコ共和国ツアーのご案内について

  和歌山県の「わかやま産品販路開拓 アクションプログラム 2012」に基づき、(公財)わかやま産業振興財団では、昨年度に引き続き、トルコ共和国へのわかやま産品商談会ツアーを実施します。是非ご参加ください。

 1.概要
  
(1)     開催場所: トルコ共和国イスタンブール市内ホテル等
  
(2)     日程: 2012年11月11日(日)~11月17日(土)
                             
4泊7日(機中2泊)
                             
*航空会社座席混雑状況等により日程変更する可能性があります。
   
(3)     実施内容:商談会。商談会に招聘したバイヤー企業等への訪問。トルコ市場の最新情勢について
                 の
ブリーフィング、希望に応じメルシン訪問等を検討。(その他市場調査等ご希望を可能な範囲でア
                 レンジします。)
 
    
(4)     募集企業(応募要件): 和歌山県内に本社、営業所、工場等事業所がある企業で、トルコへの販
                                                               路
開拓、工場進出、交流拡大等を実施もしくは検討している企業。
    
(5)     募集定員: 8社前後。必要に応じてヒアリングを行い、審査委員会により選定を行います。
     
(6)     費用:○商談会場費、通訳費、商談会開催費、現地集団移動バス費用等についてはわかやま産業
                               振興財団が負担します。
                           
○各企業様は、その他経費(往復航空運賃、宿泊費、食費、商談会招聘バイヤーとの会食
                               費、商談会に出展する商品等の輸送費が発生する場合はその輸送費等)の負担が必要で
                               す。
              
     *航空券と宿泊費で約35万円ほどになると想定しています。
                           
○上記経費とは別に、現地でのレセプション開催費用、全体での食事会費用等として、参加
                               一社あたり5万円の参加費をいただきます。
 

2.応募方法
     
商談会参加希望者は、参加申込書に必須事項を記入の上、提出書類一式を当財団まで持参又は郵送
     でご提
出ください。

 (1) 参加申込書(兼エントリーシート)
 (2)  和歌山県税の納税証明書(県税が未納でない証明書)
 (3)  最近2ケ年分の財務諸表(貸借対照表及び損益計算書の写し)
 (4)  会社概要のわかるもの

 <行程案>
   
1日目 関空発
     <飛行機中泊>
    2日目 到着・準備
    <ホテル泊>
    3日目 商談会
    <ホテル泊>
    4日目 相談会
    <ホテル泊>
    5日目 企業訪問
    <ホテル泊>
    6日目 企業訪問
    イスタンブール発
    <飛行機中泊>
    7日目 関空着

 3.申込締切日
  
平成24年6月29日(金) 17時必着 

4.申込・問合せ先
  
〒640-8033 和歌山市本町二丁目1番地 フォルテワジマ6階
   
(公財)わかやま産業振興財団 経営支援部 担当 増井 榊 細川
   
TEL 073-432-3227 FAX 073-432-3314

5.選定
  
(1)商談会申込企業に対し、必要に応じてヒアリングを行い、審査委員会により選定を行います。(参加
     企業決定後、JETROや現地企業に協力を得て、商談相手等企業(在トルコ)の調整を行います。)
  
(2)航空券、宿泊先の予約等は、財団がまとめて行います。選定後にキャンセルの場合は、旅費、宿泊
     費等のキャンセル料実費について企業様に負担頂くことになります。
  
(3)11月2日に事前説明会をフォルテワジマで開催予定です。参加希望企業の方はスケジュール確保
     をお願いします。
 

 トルコと和歌山
 
1890年(明治23年)9月16日夜、 オスマン帝国最初の親善訪日使節団を乗せた軍艦 「エルトゥールル号」が串本町樫野埼沖で 台風による強風と高波により座礁し、沈没しました。 この事故により587名の命が奪われる大惨事となりましたが、 事故の知らせを聞いた大島島民の懸命の救助活動により69名を救出することができました。 この遭難に際し、大島島民が行った献身的な救助活動が、 それからトルコの人々の間で語り継がれています。この「エルトゥールル号」の日本訪問と遭難は、 その後の日本とトルコの友好関係の原点とされています。 

  国名:トルコ共和国(Republic of Turkey)
  
■概要
   
1.面積: 780,576平方キロメートル(日本の約2倍)
   
2.人口: 7,370万人(2010年12月、国家統計庁推定)
         
3.首都: アンカラ
         
4.民族: トルコ人(南東部を中心にクルド人、その他アルメニア人、ギリシャ人、ユダヤ人等)
         
5.言語: トルコ語(公用語)
          
6.宗教: イスラム教(スンニ派、アレヴィー派)が大部分を占める。
         
7.在留邦人数: 1,571名(2011年6月1日現在)
           
8.在日当該国人数: 2,452名(2010年7月末統計)
          
9.外交基本方針

          (1)トルコは、地政学的な要衝に位置し、多角的な平和外交を基調としている。欧米との協調関係が基
                 本姿
勢であり、NATO、OECD、OSCEの加盟国。
         
(2)最大の外交目標はEU加盟。2005年10月、EUとの加盟交渉が開始されるが、交渉の行方は不
                  透明。
         
(3)近隣諸国との間の「ゼロ・プロブレム外交」を掲げ、アルメニアとの関係改善の努力の他、中東和平
                  へ
の関与とともにイラクやアフガニスタンに対しても、積極的に協力を行っている。

        ■経済
          
1.産業割合: サービス業(74.7%)、工業(16.9%)、農業(8.4%)
          
2.GDP: 7,358億ドル  1人当たりGDP: 10,079ドル
          
3.経済成長率: 8.9%  物価上昇率: 6.4%  失業率: 11.9%
          
4.通貨: トルコ・リラ
          
5.為替レート(トルコ中央銀行) トルコ・リラ=約47円 (2012年5月時点)
          
6.経済概況
                 
(1)2008年からの金融危機を受け、経済は停滞。しかし、2009年第4四半期から回復傾向が見
                        られ、
各種経済指標も改善に向かった。2010年には実質GDP8.9%の成長を果たした。
                
(2)先進国と比較すると、物価上昇率や長短金利は低下しているが、依然として高水準にある。多
                         額の経常
収支赤字、大規模な債務残高、失業率(最近改善傾向)などの問題が存在してお
                          り、経済面で克服すべ
き課題は多い。
                 
(3)中央アジアから欧州へのエネルギー輸送の要衝としても注目を集めている。


Copyright(c) 公益財団法人 わかやま産業振興財団 All Rights Reserved