「納期遵守と製造リードタイム短縮のポイント」研修のご案内(※終了しました。)

「納期遵守と製造リードタイム短縮のポイント」研修のご案内
~ジャストインタイム生産方式とは何か、導入から推進まで~

1.趣旨等
納期遵守と製造リードタイム短縮は相反することと思われています。顧客からの突然の納入依頼に、一番簡単にできる対策として、在庫を余分に持ち、注文を受けると、即納入という手で対処しようと思われているのが常です。今回、そのような利益が出ない方法ではなく、これをすれば、どんな企業でも、どんな業種でも、可能な方法を分かりやすく学んで頂きます。
ジャストインタイム生産方式というと、特別のもので、自社には難しくて不可能だと思われているのが実情ですが、正しい考え方・進め方を知っているか、否かで、企業のこれからの収益に大きく影響します。
本研修は、地域の活性化に繋がる良い機会です。是非、多くの方々のご参加をお願い致します。
2.対象者
製造現場の管理責任者、 リーダー、 生産管理担当者、 幹部候補生
3.カリキュラム

日 程

内     容

会場/講師

 

平成25年
6月6日(木)

ジャストインタイム生産方式とは?

 

 

1.生産管理の必要性
在庫を持たずに対応を取る
には?

2.ジャストインタイム生産
とは?

3.ジャストインタイム生産を
実施
する為の考え方
と「5S」

4.ジャストインタイム生産の
基本
となる項目について

 

 

(会場)
和歌山市手平2丁目1-2
和歌山ビッグ愛5階 504号
(講師)〒487-0033
愛知県春日井市岩成台2丁目2-20
5S経営研究所株式会社
代表取締役
山名 敏文 氏

(プロフィール)
1974年 リンナイ㈱に入社
(生産管理、労務管理に従事)。1985年 中部産業連盟に入職。5S、標準化関係、VE、技術養成コース、組織風土関係で多くの指導実績を有する
2006年 5S経営研究所㈱設立。中小企業から大企業に至るコンサルティングを行い現在に至る。
著書として「工場まるごとコストダウン」「大不況に勝つ山名式5Sの進め方実践活用版」「改善のための5Sと英語表現」がある。

13:00~17:00

 

平成25年
6月13日(木)

ジャストインタイム生産方式の進め方は?

 

 

 

1.工程の編成とラインバランス
とは?
2.段取り替えの対応は?
3.予防保全による機械の
信頼性
の必要性は?
4.モノ・情報・価値の流れが
基本

5.平準化生産は?

13:00~17:00

 

平成25年
6月27日(木)

 

自社への導入の仕方は?

 

1.人の能力を最大限活かす
生産システムとは?
2.不良ゼロの必要性は?
3.標準作業と自働化
4.目で見る管理とかんばん
の応用
5.ジャストインタイム生産での

用語のまとめ
6.今後、何をすべきか?

 

13:00~17:00

4.受講人数 お申込み先着 30 名
5.受講料 1名につき6,000円(3日間の受講料、資料代を含む)、受付時にお支払いください。
(但し、公益財団法人わかやま産業振興財団賛助会員は1名につき 3,000円)
6.申込み
「企業名・住所・電話・FAX・所属 職 参加者氏名等」を記載し、E-mailまたは参加申込書をFaxにて、 6月3日(月)まで、財団テクノ振興部にお申込みください。

〒640-8033 和歌山市本町2丁目1番地
公益財団法人わかやま産業振興財団 テクノ振興部  前田、大平
TEL 073-432-5122             FAX 073-432-3314
E-mail:maeda@yarukiouendan.jp


Copyright(c) 公益財団法人 わかやま産業振興財団 All Rights Reserved