地域イノベーション戦略支援プログラム 平成24年度外部評価報告書

平成24年度
地域イノベーション戦略支援プログラム

 外部評価報告書
(平成25年7月)

 

はじめに

 和歌山県では、県産業技術基本計画に基づく食品産業活性化対策として、特産果実類の保健機能成分の解明と効能検証、加工食品の開発などを進めている。当地域におけるイノベーション戦略は、この取組を基盤産業の改革、健康産業の創出へと発展させることである。そのためのキーテクノロジーは、地域農産物を原料とする機能性素材の開発であり、「医」「農」に関する研究機関連携による開発推進、当地域の特徴的な産業である「化学産業」と「食品産業」の異業種連携による事業化などを行うことで、新規事業や新産業の創出が期待されている。
 今回の外部評価では、平成24年7月より実施している地域イノベーション戦略支援プログラム事業計画と活動内容、さらには5年後の目指す目標に関して評価した。委員のコメントおよびそれに対する対応策を記述したものである。
 本事業目標が確実に達成されるために本報告書が役立つことを期待するものである。

 

地域イノベーション戦略支援プログラム事業「和歌山県特産農産物を活用した健康産業イノベーション推進地域」
外部評価委員会委員長 請川孝治

 

 

平成24年度外部評価報告書(PDF形式)
  1. 平成24年度外部評価 開催要
  2.   評価結果及びコメントへの対応策

外部評価委員会設置要綱(PDF形式)


Copyright(c) 公益財団法人 わかやま産業振興財団 All Rights Reserved