『食品製造業品質管理者』研修のご案内~食品の安全確保の取り組みと考え方(クレーム防止と危害分析)~

『食品製造業品質管理者』研修のご案内
~食品の安全確保の取り組みと考え方(クレーム防止と危害分析)~

1.趣旨

食品製造業を取り巻く環境は、食品原材料の安全確認や製造製品に対する科学的根拠について、販売業者のみならず、消費者の目も益々厳しくなってきています。厚生労働省が実施している総合衛生管理製造過程(日本版HACCP)の認証制度や和歌山県他の都道府県、自治体が取り入れている地域HACCPの認証に向けた動きも活発になってきており、今後、地域の食品製造業には食の安全・安心確保に向けた意欲的、かつ具体的な取り組みが求められてきています。
本研修では、食の安全・安心確保のために製造加工者がこれから進めなければならない取り組みで、食品新5Sと現場管理ついてフードクリエイトスズキ(有)より、人づくりや躾教育については、販売者である生協の品質管理、クレーム管理の窓口である品質保証部、また衛生管理を中心に多面的に食品製造業をサポートされているイカリ消毒(株)から事例等お話をいただき、学んでいただきます。
是非、多くの方々のご参加をお願い申し上げます。

2.対象者

・食品製造関連企業の経営者・指導的立場の方、品質管理部門の管理者及び担当者などで、管理レベルの向上を目指している方

3.カリキュラム

*日程:平成25年11月13日(水)

日程 内容 会場/講師
10:00~12:00 《テーマ》1
食品新5Sと食品工場の現場管理
食品製造業において、品質の維持・向上、衛生管理、クレーム防止活動は必須の管理対策です。その要である従事者の質の向上の取り組みは避けてとおることができません。今回は食品新5Sと現場管理及び従事者の躾や教育訓練の視点やその方法について学習をすすめます。 (会場)
和歌山市手平2丁目1-2
和歌山ビッグ愛 5階504号
(講師)
1フードクリエイトスズキ(有)
鈴木 厳一郎 氏
2イカリ消毒(株)CLT研究所
所長: 大音 稔 氏
3大阪いずみ市民生活協同組合
品質保証部
部長 今井 弘次 氏
13:00~16:30 《テーマ》2
食品製造業の安全安心の確保のための従事者教育とそのノウハウ
《テーマ》3
大阪いずみ市民生協の品質管理の取組みと経験から

 

4.受講人数

お申込先着30名 (昼食は各自ご用意願います。但し当館のレストラン、売店も利用できます。)

5. 受講料

1名につき4,000円(受講料、資料代含む) 受付時にお支払い下さい。
(但し、公益財団法人わかやま産業振興財団賛助会員は2,000円)

6. 申込み

「企業名・住所・電話・FAX・所属・職・参加者氏名・E-mailアドレス」を記載して
平成25年11月8日(金)迄に下記あてFaxまたはE-mailでお申込下さい。(申込書

〒640-8033 和歌山市本町2丁目1番地  フォルテ・ワジマ6階
公益財団法人わかやま産業振興財団 テクノ振興部 前田、 大平
TEL 073-432-5122 FAX 073-432-3314
E-mail:maeda@yarukiouendan.jp
.


Copyright(c) 公益財団法人 わかやま産業振興財団 All Rights Reserved