「ビデオ撮影による現場改善と5S改善の進め方」研修のご案内

 

    当研修は製造現場のコストダウンを目指した現場改善と5S改善の方法を演習と講義により学んでいただきます。特長は「ビデオ撮影による」です。ビデオ撮影の仕方と現状分析および改善方法を説明します。
研修内容の構成は、初日にムダの定義と段取り作業の改善方法、2日目に組立作業の改善方法、3日目に5S改善方法となっております。3日間とも1秒1円のコストダウンを目指します。
    また、 講師の豊富な体験談を随所に織り交ぜて進めます。掲示物(5Sの改善案等)と参考図書の陳列もございます。奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

1.対象者

    製造現場の管理責任者、リーダークラス、小集団活動のリーダー、生産管理担当者、幹部候補生

2.研修内容 

日 程

内     容

会場/講師

 





 平成29年
9月15日(金)
13:00~17:00

 

1.ムダの定義と
 
ムダ取りの必要性
   (講 義)

 

①ムダの定義 
・ムダとは何か、2つの解釈を説明します

②ムダ取りの必要性
・ムダ取りは会社にも作業者にも必要なものです

(会場)
和歌山市手平二丁目1-2
和歌山ビッグ愛 
12階 1202会議室

(講師)
株式会社実践マネジメント
研究所
代表取締役 植條 英典 氏

(プロフィール)
昭和56年
・中堅家具製造卸会社入社
(経営企画室で勤務)
昭和60年
・中村技術士事務所に入所
平成16年
・実践マネジメント研究所を設立
平成28年
・法人化

*中小企業から大企業を対象に、
生産性の向上と管理者教育に
関するコンサルティングに従事
33年間の実績あり)

*中小企業大学校をはじめ全国
各地の各種団体でセミナー講師
を担当

 


2.段取り作業を対象と
 
したビデオ撮影に
 
よるムダ取り方法
  (演習が中心)


①段取り作業時間短縮に挑戦していただきます
(10分30秒→8分30秒以下になる方法を体験)

②費用対効果について
 ・計算と評価方法を説明します

③演習をした後に「段取り作業の改善方法」の
 手順と実践のコツを指南します

 

平成29年
9月22日(金)
13:00~17:00

 

3.組立作業を対象と
 したビデオ撮影に
 よるムダ取り方法

 (演習が中心)

 

①組立作業の時間短縮に挑戦していただきます
(小型バルブの組立作業です)

②改善案を考えるための「ECRS」と「動作経済の原則」を説明します

③組立作業の改善案をお1人3つ以上考えていただきます

 

平成29年
9月29日(金)
13:00~17:00




4.5S改善による
  コストダウン方法
  (演習が中心)

 

①サイコロ製作を通して5S改善がコストダウンに大きく貢献することを体験していただきます
・5S改善が歩留まり向上につながる演習です

②紙箱製作を通して次の学習をしていただきます
・作業場のあるべき姿
・目標管理の必要性
・定置管理(整理と整頓)の実践方法
・「見える化」の具体例

 

3.定員

30名(先着順)

4.受講料

1名につき 6,000円(3日間の受講料、資料代を含む)を受付時にお支払いください。
ただし、(公財)わかやま産業振興財団賛助会員は1名につき3,000円です。
お釣りのないようにご協力お願いします。

5.申込み

研修参加申込書に「企業名・住所・電話・FAX・部署・役職・参加者氏名等」をご記入のうえ、E-mailまたは
Faxにて平成29年9月7日(木)までに下記申込み先あてお申込みください。
※申込み人数が定員に達した場合は、期間内であっても申込みの受付を終了いたします。

【申込み先】
〒640-8033 和歌山市本町二丁目1番地
公益財団法人わかやま産業振興財団 テクノ振興部 九鬼
TEL:073-432-5122 FAX:073-432-3314
E-mail:kuki@yarukiouendan.jp

 

 

 

 

 


Copyright(c) 公益財団法人 わかやま産業振興財団 All Rights Reserved