「納期遵守の為の生産計画の進め方」研修のご案内

顧客満足につながる3大項目は、品質(Q)、納期(D)、原価(C)と言われています。消費者の目が肥えてきて、品質も高度なものが要求されるようになっていますし、納期も朝、受注して、夕方には納入と言われるような厳しいことも当たり前のようになっています。原価(コスト)も、ひと昔前では考えられないような価格を要求されることも珍しくはなく、当たり前のことになっています。そのような中で、一つの逃げとして考えられたのが、作りだめであらかじめ在庫を持っておくということでした。しかし、これは、都度の設計変更に応じられませんし、保管費用もバカになりません。場所がなくなったり、物探しが増えたり、傷をつける恐れもあります。今回は「必要な時に、必要なものを 必要なだけ作れるようにする」にはどうしたらよいかを勉強していただきます。

1.対象者

製造現場の管理責任者、リーダークラス、生産管理担当者、幹部候補生

2.研修内容

日 程

内     容

会場/講師

令和元年
(2019年)
6月19日(水)
13:00~17:00

納期に影響を与える
ものは何か?

1. 受注を得るまでの対応は
2. 設計の対応は?
3. 部品発注、調達の対応は?
4. 加工の進め方、内作か、外作か?
5. 組み立ての対応は?
6. 検査の在り方?
7. 納品の対応は?
8. その他の対応は?

(会場)
和歌山市手平二丁目1-2
和歌山ビッグ愛
6月19日(水)12階 1202会議室
6月24日(月) 8階 802会議室
7月1日(月)    8階  802会議室

(講師)〒487-0033
愛知県春日井市岩成台二丁目1-2
5S経営研究所株式会社
代表取締役 山名 敏文 氏

(プロフィール)
1974年 リンナイ㈱に入社
(生産管理、労務管理に従事)。
1985年 中部産業連盟に入職。
5S、標準化関係、VE、技術養成コース、組織風土関係で多くの指導実績を有する。
2006年 5S経営研究所㈱設立。
中小企業から大企業に至るコンサルティングを行い現在に至る。

著書として「工場まるごとコストダウン」、「大不況に勝つ山名式5Sの進め方実践活用版」、「改善のための5Sと英語表現」がある。

令和元年
(2019年)
6月24日(月)
13:00~17:00

生産計画はどうやって
立てるのか?

1. 大日程計画の在り方
2. 中日程、小日程の在り方
3. 管理の在り方
4. 標準時間の考え方
5. 多能工化とは?
6. 生産計画への落とし込みは?

令和元年
(2019年)
7月1日(月)
13:00~17:00

納期遵守ができる
生産計画とは?

1. 納期遵守の基本は標準時間の設定から

安全確保は?
物の5Sの徹底は?
機械の5Sの徹底は?
情報の5Sの徹底は?
仕事の5Sの徹底は?

2. 納期遵守は、各ステップの対応が取れて
初めて達成可能となる!

当たり前のことを再度確認してください!

3.定員

30名(先着順)

4.受講料

1名につき 6,000円(3日間の受講料、資料代を含む)を受付時にお支払いください。
ただし、(公財)わかやま産業振興財団賛助会員は1名につき3,000円です。
お釣りのないようにご協力お願いします。

5.申込み

研修参加申込書に「企業名・住所・電話・FAX・部署・役職・参加者氏名等」をご記入のうえ、E-mailまたは
Faxにて令和元年(2019年)6月11日(火)までに、下記申込み先あてお申込みください。
※申込み人数が定員に達した場合は、期間内であっても申込みの受付を終了いたします。

【申込み先】
〒640-8033 和歌山市本町二丁目1番地
公益財団法人わかやま産業振興財団 テクノ振興部 河野
TEL:073-432-5122 FAX:073-432-3314
E-mail:tk7@yarukiouendan.jp


Copyright(c) 公益財団法人 わかやま産業振興財団 All Rights Reserved