「仕事の基本「5Sの定着」とグループ活動の進め方」研修のご案内

厳しい経営環境の中、多くの企業が生き残りをかけ、改革や利益を生み出すための活動に取り組んでいます。

しかし、目先の数値にとらわれて企業にとって最も重要な【人財育成】を置き去りにしている企業が多く、
また儲けやサービスの基礎となる5S活動【美化活動】と勘違いし、真剣に取り組めない企業があることも
事実です。5S活動は儲けの仕組みです。仕事のムダに気づかせる取り組みです。

更に、活動を通じて職場のリーダーが育ち【コミュニケーション】が活発になり職場が明るくなります。
このような効果のある取り組みも、「我が社では継続できない!効果が見えない!」と嘆かれる経営幹部の
皆さんを多くお見受けします。

答えは簡単【儲ける5Sの仕組み】が無いからなのです。本研修では、この仕組みを作り、仕掛ける方法を
学んでいただきます。より多くの方々の参加をお待ち申し上げます。

 

1.対象者

企業や店舗の管理監督者、病院や大学、官公庁の管理監督者、製造業のリーダークラスの方

2.研修内容

日 程

内     容

会場/講師

令和元年 
7月11日(木)
13:00~17:00

メインテーマ
【仕事の基本5Sの正しい理解】

テーマ①
5Sの真の目的とは?

1.働くことの意味
2.5S活動は何のため?(相互討議)
3.それぞれのSの真の意味とは?
4.自社の5S診断

あなたは、何のために働いてい
ますか?働く意義が理解できれ
ば、自ら5S課題に立ち向かえ
ます。
更に、職場の5Sが継続できな
い真因を追究することで、本当
の5Sの大切さに気付き、取り
組みへの意欲が生まれます。

(会場)
和歌山市手平二丁目1-2
和歌山ビッグ愛
7月11日(木) 8階 802会議室
7月22日(月) 2階  1202会議室
7月25日(木)12階 1201会議室

(講師)〒671-1020
兵庫県姫路市大塩町
汐咲2丁目10-609
兵庫経営テクノロジー
代表 桑田 和彦

(プロフィール)
製造業にて、生産技術業務に従事
(製造ライン設計やコスト改善、
品質改善、設備総合保全、生産
革新を実践)
平成18年 大手経営総合研究所にて
各社支援。
平成21年 兵庫経営テクノロジー設立
公益社団法人兵庫工業会会員
同兵庫工業会委託講師
兵庫県商工会連合会講師

令和元年 
7月22日(月)
13:00~17:00


テーマ②
5S活動の仕組みと仕掛け

1.5S活動はなぜ定着しないのか?
(相互討議)
2.5S活動の仕組みつくり
3.仕組みをもとに仕掛ける方法
4.活動に必要なコミュニケーション

5S活動は、かけ声だけでは実
行できません。正しい仕組みを
作り、更に全社を巻込んだ仕掛
けが必要です。また、活動推進
にはリーダーとなる人の指導力
とコミュニケーション力が大切
です。

令和元年
7月25日(木)
13:00~17:00


テーマ③
5S活動推進のための実行計画

1.自社での取組方法の立案
2.推進リーダーとしての実行宣言


研修の目的は知識を学ぶこと
ではありません。研修を通じて
学んだ事を、自社で実行してこ
そ成果と言えます。三日目は、
自社での取り組みの計画書作成
と、リーダーとなって取り組む
姿勢を宣言していただきます。

3.定員

30名(先着順)

4.受講料

1名につき 6,000円(3日間の受講料、資料代を含む)を受付時にお支払いください。
ただし、(公財)わかやま産業振興財団賛助会員は1名につき3,000円です。
お釣りのないようにご協力お願いします。

5.申込み

研修参加申込書に「企業名・住所・電話・FAX・部署・役職・参加者氏名等」をご記入のうえ、E-mailまたは
Faxにて令和元年7月3日(水)までに、下記申込み先あてお申込みください。
※申込み人数が定員に達した場合は、期間内であっても申込みの受付を終了いたします。

【申込み先】
〒640-8033 和歌山市本町二丁目1番地
公益財団法人わかやま産業振興財団 テクノ振興部 河野
TEL:073-432-5122 FAX:073-432-3314
E-mail:tk7@yarukiouendan.jp


Copyright(c) 公益財団法人 わかやま産業振興財団 All Rights Reserved